ニキビができる原因と対策

ニキビってなんでできるの?ニキビができる原因とその対策方法とは?


ニキビができる原因と対策方法について

大事なお出かけの日なのにニキビができてしまった・・・、なんて経験はありませんか?

可愛くメイクをしようと考えていてもニキビが一つあるだけでなんとなく憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

そもそもなぜニキビができてしまうのでしょうか。

ニキビができてしまう原因とその対策方法についてまとめました。

ニキビができる原因とは?

ニキビができてしまう理由は、簡潔に言うと「毛穴に皮脂が詰まる」ためです。

皮脂が過剰分泌されたり、角質が溜まってしまったり、さらには埃や洗い残しが原因となって毛穴に皮脂が詰まり、それを好むアクネ菌が増えてニキビになってしまうのです。

では、毛穴に皮脂が詰まってしまう原因を具体的にみていきましょう。

食生活の乱れによる皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌は、主に食生活の乱れが関係しています。

脂肪分や糖分を多く摂取してしまうとそれが皮脂の栄養となり、皮脂のコントロール能力が衰えてニキビにつながるのです。

脂っこい食事や間食が多いと感じている方は、食生活を見直してビタミンを取るようにしましょう。

ストレスや睡眠不足、不規則な生活

また、ストレスや睡眠不足といった生活習慣の乱れもニキビができる要因のひとつになります。

ストレスを抱えたり、睡眠不足になったり、不規則な生活を送ったりすると、免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れたりしてしまいます。

これも、ニキビができやすくなる原因なんですね。

また、ストレスや睡眠不足は、肌のターンオーバーを乱すことにもつながるので注意が必要です。

ニキビの対策方法は?

では次に具体的なニキビ対策についてみていきましょう。

洗顔方法を見直す

余分な皮脂を残さないようにしっかり洗顔することもニキビ対策には重要です。

しかし、皮脂や汚れが気になるあまり、何回も洗顔を行うと肌に必要なうるおい成分も洗い流してしまうので、洗い過ぎは逆効果になります。

うるおい成分が失われると肌が乾燥し、肌のバリア機能を守ろうと角質が厚くなってしまうんですね。

結果、毛穴の出口が角質でふさがれてニキビができる原因になってしまいます。

基本的に1日2回で十分です。

刺激が強過ぎず、すっきり皮脂を落とすことができる固形石けんがおすすめになります。

ちなみに、洗顔は入浴後の一番最後に行うようにするとシャンプーなどが顔に残っていても洗い流すことができます。

保湿成分をたっぷり補給する

肌が乾燥すると毛穴出口の角質が厚くなってニキビができる原因となるので、保湿成分をたっぷり与えるのが大切です。

おすすめは、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水や、セラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が配合された美容液でのお手入れ。

ビタミンC誘導体には皮脂を抑えてくれる効果がある他、ニキビ痕を薄くしてくれる作用があります。

保湿がいいからとクリームをつけるのは逆効果になるので注意しましょう。クリームはアクネ菌の栄養源になってしまう油分が多いので使用しないようにします。

美容液も油分が少ないものを選ぶようにするのがポイントです。

バランスのよい食事を心がける

食生活については、バランスのよい食事を意識することが大切です。脂っこいものを取りすぎないように注意しましょう。

睡眠をしっかり取る

ニキビの改善や予防には、生活習慣の見直しが非常に重要ですが、何より大事なのが睡眠です。

「毎日同じ時間に寝るようにする」、「0時には寝るようにする」、「毎日6時間以上の睡眠を取る」ことを心がけるようにしましょう。

ストレスを発散する

ストレスや生活習慣の乱れは、食生活と関連してくる部分も多いのですが、蓄積されることによってニキビの出来やすい肌になっていってしまうので、自身の健康を守るつもりでストレスを発散してください。

セラミドが高配合されたおすすめ美容液はこちら